カクテルを飲むならやはりバーがいい

カクテルを飲むならやはりバーがいい

バーと言えばなんと言ってもカクテルである。せっかく日頃はあまり利用しないバーにやって来たのに、注文がビールとかハイボールのような日常的なものでは味気なさ過ぎるではないか。すぐ近くには腕のよさそうなバーテンダーが控えている。

 

 

 

ビールやハイボールでは彼らの出番が無くなるではないか。あまりカクテルの知識はなくてもいい。そうした場合はさりげなく「おいしいカクテルありますか?」などと言って、そのバーテンダーに任せればいいのである。すると相手は心得たもので「甘口、辛口どちらをお好みですか?」などと即座にたずねてくる。そこで「辛口!」と応えると、バーテンダーは「かしこまりました。では今人気があるこれなどいかがですか」。とおすすめの一品を出してくれる。

 

熊本 居酒屋 個室なら天王

 

こうすればカクテルに詳しくないあなたでもバーでスマートに注文が出来るのである。【一般的な洋酒バーにではカクテルの種類はどれくらいあるのだろうか】バーというところは客の好みに応じて、いろいろなお酒を作ってくれる場所である。普段あまり行かないそんな場所で、それを利用しない手はない。カクテルの名前をとくに指定しなくても自分の好みのテイストを伝えれば、バーテンダーが腕によりを利かせて好みに合ったカクテルをつくってくれる。

 

神保町で美味しい地鶏が食べられるお店はココ

 

また所によってはバーテンダーのカクテル作りのパフォーマンスを見せてくれるところもある。手馴れた様子で身振りよろしくシェーカーを振るバーテンダーの姿を見るのもまた乙なものだ。さてそうしたカクテルだが一般的にはどのくらいの数があるのだろうか。はっきり言えばカクテルの数は分からない。それはつくり手の数だけいろいろなカクテルがあるからである。つまりつくり手が100人いれば100種類のカクテルができるのだ。