バー・バーボン

バー・カクテル

仕事帰りにちょっと一杯と、酒場に立ち寄ることが多いサラリーマンでも、こと「バー」となると、決してしばしば立ち寄る場所ではないかもしれません。

 

 

 

バーといっても和式の「スタンドバー」ではなく、バーテンダーがいる「洋酒バー」のことです。こうしたいわば非日常的とも言える酒場でも、付き合いなどでたまには行くこともあるかもしれません。例えば仕事で外国人とのお付き合いが生じた場合などでは、必然的にそうしたところへも足を運ぶのではないでしょうか。「洋酒バー」といえばもともと欧米スタイルの酒場です。最近では西部劇の映画で見るような立ち飲みの洋酒バーは少なく、カウンター席でも椅子のついたところが多いようです。

 

古き良き大衆酒場的な雰囲気の"ネオ大衆酒場"

 

そんなバーに立ち寄ったのなら、普段はあまり口にすることのないカクテルなどを頼んでみたらいかがでしょうか。【バーで飲むのは、なんと言ってもカクテル】ちゃんとしたバーなら、たいていはカウンターの中にバーテンダーが控えています。そんなバーテンダーの自慢はなんと言ってもシェーカーを振ってのカクテルづくりではないでしょうか。それこそバーテンダーにとっての一番の仕事と言ってもいいほど、バーテンダーはシェーカーを振ってカクテルをつくることに誇りを持っているものです。

 

 

 

客の好みを聞いてシェーカーでいろいろなお酒をミックスして見事な味の新しいお酒を作っていくのです。客の方は何もカクテルに詳しくなくてもいいのです。味の好みさえ言えば、ベテランバーテンダーはそのリクエストに沿っておいしいカクテルをつくってくれます。