バーの楽しみかた

バーの楽しみかた

バーとはいったいどのような場所なのだろうか。たしかにお酒を飲むところであることは違いないのだが、でも居酒屋とか立ち飲み屋とか、その他のお酒を飲む場所とどこがどのように違うのだろうか。一言で言えばバーは一人で静かにお酒を飲む場所であると言える。

 

 

 

同じ酒を飲むにしても、バーではこの”静かに飲む”という要素が何よりも大切なのである。もちろん一人に限ることはなく、二人で行ってもいいし、静かに、と言っても何も話して悪いと言うことではない。ただ居酒屋のように騒々しいのは困る。それはバーの雰囲気には馴染まない。クラシックなどのBGMを聴きながら、または乙なピアノ演奏に耳を傾けながら、良質のお酒をじっくり楽しむ場所なのである。

 

 

 

【バーではカクテルを味わいながら心地良いピアノ演奏を聞くのが最高】バーと言う場所は普通の人にとってはそれ程日常的な場所であるとはいえないだろう。特にそれが高級ホテルのハイクラスのバーともなると、一生の間でも、そう何度も行く場所ではないに違いない。それだけに特別な場所であると言ってもいい。そんな特別な場所に行ったのなら、やはり日常ではあまりないものを味わってみたい。つまり腕利きのバーテンダーに好みを伝えて、自分だけの特別のカクテルを作ってもらい、それをゆっくり味合う。

 

 

 

また近くで演奏されている美しくて心地いいピアノソナタなどの音色に耳を傾ける。そんなに非日常的な経験が出来るのがハイクラスなバーなのではあるまいか。一人でもよし、愛する人とのカップルでもよし、人生で何度もない大事な日には是非格調あるオーセンティックなバーを訪れることをおすすめしたい。