初めてのバー

初めてのバー

学生時代に、年齢上の「大人」になって、仲間うちで居酒屋などに集い、お酒を飲むようになる人は多いでしょう。そして、いつしかお酒を「おいしい」と感じるようになり、家でもお酒を飲むようになるという人は多いのではないでしょうか。

 

 

 

ただ、お酒のおいしさや魅力を知って、いきなり「じゃあ、バーにでも行こうか」と考える人はあまり多くはないのではないかと思われます。バーに行ったことがないという人がバーに行くというのは、どことなく「敷居が高い場所に行く」という印象に駆られてしまうことが多いのでしょう。

 

西麻布でファンの多い焼肉

 

しかし、大人になっていろいろな人と付き合うようになると、一度はバーという「敷居が高い場所に行く」という機会にめぐまれることになると思います。これを「バー・デビュー」などと表現する人もいますが、やはり、初めて行く場所ということもあって、たいていの人はけっこう緊張することになると思います。かく言う私も、学生時代の遠い日にバー・デビューを果たした日はとても緊張していたことをよく覚えています。今となってはとてもいい思い出です。

 

http://kawasaki-zin.com/

 

バー・デビューを迎えるということは、それはその人がひとつ大人になったということを意味するような気もします。だからと言って、そうしょっちゅうバーに足を運んでいるというわけではないのですが、しかしそれはそれで、何かひとつ大きな経験をしたような気持にさせてくれます。
ですから、お酒は好きだけれども、どうしてもバーには足が(気が)向かないという人には、一度バーの門をくぐってもらいたいと思います。