バーにおける食後酒の考え方

バーにおける食後酒の考え方

お酒を飲むことができるお店というのは数多く存在しています。もちろんそれは「数」のことではなく「種類」のことを指していますが、たとえば、あまり「お酒を飲む」というイメージはない「レストラン」だって、お酒を飲もうと思えばそれなりに飲めるのは間違いありません。そして当然、「居酒屋」や「スナック」なども、お酒を飲むことができる上に食べ物も食べられるというのが魅力です。そさらには、「バー」の存在も忘れてはいけません。こちらは「食べる」というよりも「お酒を飲む」というイメージがより強いお店です。

 

接待の利用に最適な銀座のレストラン

 

ところで、お酒には「食前酒」と呼ばれるお酒がありますが、その「食前酒」ほど有名ではないものの、「食後酒」と呼ばれるお酒があることも事実です。

 

五反田の居酒屋選びは個室が大事!

 

では、「バー」という、あまり食べることをしないお店でも「食後酒」と考えられるお酒があるのかどうかという点がまずは疑問になります。結論から言えば、「バー」であっても「食後酒」はちゃんとあります。「バー」での「食後酒」の発想は、どこかでご飯を食べてきて、帰りがけにちょっと「バー」に寄って飲むお酒であると考えることができます。考えようによっては、「バー」での「食後酒」は、デザートの代わりに飲むお酒ということもでき、したがって、「食前酒」に比べるとずっと甘みのあるお酒であるケースが多いです。

 

個室居酒屋 ゑびす鯛横浜西口店

 

甘いお酒の場合、これを飲むことによってそれ以上の食欲が増進しませんから、そういう意味合いも多少なりとも込められているのではないかという気がします。